スポンサーリンク

稀勢の里トーナメント優勝 貴乃花親方の祝福が象徴するもの

?

稀勢の里トーナメント優勝 貴乃花親方の祝福が象徴するもの

 3月12日に初日を迎える大相撲春場所の前売り券が、2月5日の発売開始当日にわずか2時間半で完売するというかつてない売れ行きを見せている。

 19年ぶりの日本出身新横綱の誕生による盛り上がりは留まるところを知らず、ネットのオークションサイトでは、前売り券が定価の3~5倍で取引されているほどだ。

 かつての“若貴フィーバー”の再来を思わせる活況のなか、5日に両国国技館で開かれた日本大相撲トーナメントには1万人を超えるファンが訪れた。

 新横綱・稀勢の里がトーナメント初優勝を飾って観衆の期待に応えたが、関係者の間で話題となったのは、その取組内容である。

「2月は巡業がないため、大相撲トーナメントや福祉大相撲などの、いわゆる花相撲(勝敗が番付や給金に反映されない興行)が行なわれます。こうしたイベントでは、力士たちが怪我を避けるために自然と『押し出し』や『寄り切り』の決まり手が多くなる。白熱した取組内容になりにくいのですが、今回は全く違っていました」(担当記者)

 特に注目を集めたのが、決勝で稀勢の里と貴乃花部屋のモンゴル人力士・貴ノ岩がぶつかった一番だ。

「立ち合いで頭から激しくぶつかっていった貴ノ岩が右を深く差して押し込みましたが、稀勢の里が首投げからの突き落としで勝負を決めました。本場所さながらのガチンコ相撲に場内は大いに沸いた」(同前)

 誰にでも全力でぶつかっていくガチンコ新横綱・稀勢の里の真骨頂を見せた一番だった。協会関係者はこんな言い方をする。

「印象深いのは、その決勝の相手が現役時代にやはりガチンコ横綱として勝負し続けた貴乃花親方の愛弟子だったことです。大相撲トーナメントは巡業部の仕切りで、貴乃花親方が最高責任者の巡業部長を務めている。優勝杯を授与する際に貴乃花親方は、愛弟子との真剣勝負で土俵を盛り上げた稀勢の里に“よかったな”と労いの言葉を掛けていた。相撲界が大きく変わろうとしていることを象徴する印象的な場面でした」

参考:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170214-00000007-pseven-spo

スポンサーリンク


貴ノ岩義司
2017/02/14 07:51
14日目、白鵬の相手モンゴル神だけど、貴ノ岩だから何か起こるかもって期待できた。何かと貴乃花って嫌味言われるけど、著書みてわかるようにまっすぐすぎなところが現役から通じて本当に尊敬する。

貴ノ岩義司
2017/02/14 18:51
嫌味じゃなく、カッコも多いし、文章が読めん。

貴ノ岩義司
2017/02/14 07:33
貴乃花親方の解説は的確でわかりやすかった。稀勢の里には一貫して左のおっつけ、おしていけ、そうすれば結果はついてくると言ってたのが印象に残ってます

貴ノ岩義司
2017/02/14 07:52
花相撲でもガチンコだ。

貴ノ岩義司
2017/02/14 09:25
貴乃花は注射相撲は一切やらないガチンコ横綱だったから同じ稀勢の里にはかなり期待しているだろうな。

貴ノ岩義司
2017/02/14 10:22
貴ノ岩への期待も大きくなった。
最初はエレベーター力士で終わるのかなと思ったら楽しみな逸材になってきた。

貴ノ岩義司
2017/02/14 09:50
ガチンコ力士は連勝記録を止めてきた。
貴乃花ガチンコ一門を応援する。

貴ノ岩義司
2017/02/14 10:31
やはりガチンコは見応えあるなぁ。
見てて力が入る。(‘∀‘ )

貴ノ岩義司
2017/02/14 12:37
横綱にガチンコがつく横綱とつかない横綱がいるのが相撲ファンとしては、悲しいな。

貴ノ岩義司
2017/02/14 11:26
稀勢の里が明治神宮で披露した化粧回しも初代・若乃花が着けていたモノだからな…。
二所ノ関一門、隆の里の師匠ということもあるけど貴乃花との血縁もあるし意味ありげだな…。

貴ノ岩義司
2017/02/14 12:39
心技体本当に三拍子揃った横綱の誕生ですから、皆んなに応援されますね。

貴ノ岩義司
2017/02/14 08:58
貴乃花理事長早期誕生希望

貴ノ岩義司
2017/02/14 13:55
貴乃花がガチンコだった事や大横綱の功績は否定する気ないけど、親方としては協会の分裂を招くようなおかしな言動の繰り返し。
ここに来て稀勢の里を出しにしての貴乃花ageは気持ち悪さしか無い。
ポストは貴乃花が裏金顧問と結託してた事に失望してたような記事書いてたのにね。

貴ノ岩義司
2017/02/14 13:00
いまさらガチンコって、いまだに相撲界は八百長やってたの。

貴ノ岩義司
2017/02/14 07:48
まっ、花相撲ですから・・・

貴ノ岩義司
2017/02/14 09:51
やはり日本人横綱は盛り上がるね。(^^)

貴ノ岩義司
2017/02/14 10:32
ガチンコ横綱同志だから解り合える相撲に対する取り組方や敗者にも敬意を払う所作は勝っても負けても美しい。現役横綱貴乃花時代の休場明け、新進気鋭の若手力士朝青龍の突っ張り外付けを完膚無き迄に撃退しともに土俵下に落ちたが、時の大横綱貴乃花は朝青龍の回しにそっと手をやり朝青龍を土俵上に、さすが大横綱貴乃花、鼻っ柱の強い負けた相手の朝青龍にさえ敬意を払うが、その負けた朝青龍は帰り際花道でチクショウと自らに檄を飛ばすが、勝った貴乃花に敬意を払うので有ればこの様な言葉は出て来ないだろう。優勝回数の大小より横綱としての責任と品格の差が大横綱か只の横綱の差。稀勢の里の目指すは大横綱への道、優勝回数は関係無し。

貴ノ岩義司
2017/02/14 11:48
稀勢の里の横綱としての在位期間は3~5年位が限度と考えると優勝回数も限られるから優勝回数の大小よりは横綱としての責任と品格を大事にして大横綱を目指せとの意味です。

貴ノ岩義司
2017/02/14 12:10
横綱稀勢の里ファンとしては横綱の大先輩である北の富士さんの一年間最低三回優勝現役横綱在位期間中15回優勝を厳命を支持しケガさえなければ達成可能と考えますが、このノルマを達成した暁には自ずと相撲ファンから大横綱の称号を付与されると思いますが、横綱稀勢の里ファンとして優勝回数0で良いとは思っておりません。唯唯横綱稀勢の里に大横綱に更に成長して貰いたいと願い春場所が待ち遠しい限りです。

貴ノ岩義司
2017/02/14 15:14
北尾は優勝自体が0、お兄ちゃん(若花田)は横綱になってから優勝できませんでしたね。

スポンサーリンク